オロン

「いらっしゃいませぇ~~~っ!!」

店内に入るとまずオーナーの声が響いてくる。

「クラフトベーカリー・オロン」ここはぶらぶらのスタッフも行きつけのお店。

カフェでもオロンさんのパンを使っています。

長崎 オロン パン

ぶらぶらおまかせコースの中の1品。

シェフが長崎県産の旬のもの活きたものをひとつひとつ丁寧に調理するおまかせコース。

その日の仕入れによって内容が変わりますが、

パンも食材に合うものを選んで仕入れます。

いつもありがとうございます!!

――――――――――――――

〇クラフトベーカリー・オロン

長崎の茂木に生まれたオーナーが、1969年から東京・銀座マキシム ド パリで修行をされ、

1978年4月1日にこのお店をオープンしました。

このオロンという名前は、修業時代の恩師であるオロン・グラフ氏の名前を頂いてつけられたそうです。

――――――――――――――

オーナーの声の後に感じるのは、

お店いっぱいに広がっているパンの香ばしくて甘い香りです。

棚にはいろんな種類のパンが並んでいます。

バケットからメロンパン、サンドウィッチなどの調理パンまで、豊富な種類のパンが揃っています。

このお店はかなり人気のあるお店で、長崎の有名ホテルにも沢山のパンを納めるほどの人気店です。

オロンさんがおすすめするパンは「ランドブロード」というライ麦を60%使用したドイツパンだそうです。

キャラウェイシードという香辛料を使い、ライ麦の香ばしい香りとマッチングして、もっちりとした食感。

チーズやトマトなどと一緒に食べると一層おいしく食べられそうですね♪

 

ぶらぶらのシェフおすすめのパンはサンドウィッチです。

オロンのサンドウィッチは具材がパンからこぼれ落ちそうなぐらい入っています。

むしろ、食べているときにこぼれます。笑

1つ300円ほどでこのボリュームたっぷりのこのパンは、1つ食べるだけで、お腹一杯になります。

体にも、お財布にも優しいパンです。笑

 

店内には他にもたくさんのパンが並んでいて、あれも食べたいこれも食べたいと、

欲が出てきてつい買い過ぎてしまいます。笑

買ったパンを入れてくれる袋も可愛いんです。

「ひょうしょうじょう オロンのおじちゃんへ

いつもおいしいぱんを わたしたちにたべさせてくださって

ありがとうございます。これからも

びょうきやけがにきをつけて

おいしいぱんをつくってください。

もぎほいくしょ いちどう」

と書かれた袋に入れてくれます。地域に愛されている証拠ですね。

そして、お店を出るときにはオーナーの

「ありがとうございましたぁ~~~っ!!」

 

営業時間/6:30~18:00

定休日/火曜日

住所/長崎県長崎市茂木町2145-2

TEL/095-836-2672